ペニスを清潔な状態に保てるようになる

真性包茎で包茎手術をするメリットとしてまず挙げられるのは、ペニスを清潔に保つことが出来るということです。そもそも真性包茎とは、包皮と亀頭がくっついた(癒着した)状態になっていたり、包皮の口が狭かったりすることが原因で、平常時や勃起時にかかわらず皮を剥くことが出来ない状態の包茎を指します。

仮性包茎の場合であれば、自然に包皮を剥いてキレイに洗うことが可能ですし、亀頭が元々露出しているのであれば、より清潔な状態に保つことが出来ます。しかし真性包茎の場合は、そもそも皮を剥くことが出来ないので、ペニスを清潔な状態に保つことができず、亀頭炎や包皮炎そして性感染症などのリスクが高めてしまうのです。

ですが包茎手術をすれば、皮が自然に剥けた状態になるので、ペニスを清潔な状態に保つことが出来るようになります。また、真性包茎の場合は亀頭の成長が阻害されることが多いのですが、包茎手術をすれば亀頭の正常な成長を促すことにもなると言えるでしょう。

正常な性行為が出来るようになる

真性包茎は、ペニスを清潔に保てないということだけでなく、勃起時や性行為中に痛みを感じてしまうことがあるという問題もあります。これは、大きくなろうとする亀頭を包皮が圧迫するからといった理由があるからだと言われています。

真性包茎でも性行為は可能とも言われていますが、痛みを感じるなどして自然で正常な性行為が出来ないケースも少なくありません。他にも、真性包茎だとペニスの臭いが酷くなったり、コンドームが外れやすくなったりするという問題もあると言われています。さらに真性包茎の場合はペニスを清潔に保つことが難しくなるので、相手の女性に性感染症をうつしてしまう要因になる可能性もあります。

しかし包茎手術をすれば、勃起時などに痛みを感じることがなくなって自然な性行為をすることが出来るようになりますし、相手に病気をうつしてしまうリスクを減らすことが出来るのです。特に結婚している場合は、性行為が正常に出来ないと性生活に大きな支障をきたしてしまうことにもなるため、早めに包茎手術をしたほうがよいと言えます。

まとめ

真性包茎の場合に包茎手術をすると、「ペニスを清潔に保つことが出来る」というメリットがまずあります。包茎手術をすれば包皮が剥けた状態になるため、キレイに洗うことが出来ますし、ペニスの病気を予防することも可能です。そして真性包茎の包茎手術には、「正常な性行為が出来るようになる」というメリットもあります。包茎手術をすれば、勃起時や性行為中でも痛みを感じることなく自然な性行為をすることが出来るようになります。