コンテンツへスキップ

大地の恵みを収穫する農業では、野菜を運搬する物流についても考える必要があります。
まとめて運ぶにはトラックが便利ですが、自分で大型車両を保有するのはコストがかかるのが難点です。
チャーター便はプロのドライバーもセットになった貸し切りで、他人や他社の荷物は載せない状態で運んでもらえます。
忙しい農家にとっては助かるサービスであり、たまの休みを利用するサラリーマンの家庭菜園ぐらいの規模でも将来的に利用したい物流システムです。

トラックチャーター便で運べるもの

気になるトラックのチャーター便で運べる品目には、一般的に危険物や重量物と呼ばれるものも含まれます。
請け負うのが専門の輸送会社だけに、法律の範囲内であれば特殊な物品も安全に運搬してくれるプロが揃っているのが魅力的です。
野菜の運搬も扱っており、その他には化学製品や精密機械、工業用の液体が入ったドラム缶といった多種多様な品物をスムーズに運びます。
チャーター便は依頼主のためだけに動くので、車種の選択から全てをカスタマイズできます。
集荷と配達時間についても相談に乗ってくれるから、本格的な農業で高級野菜や果物を作った場合でも高く売れる地域へ迅速に届けられる物流です。
大型のトラックによる一括輸送だけではなく、小回りが利く軽車両による少量のチャーター便もあります。
いつでも整備済みの車両とドライバーを出せる体制の輸送会社が多く、運ぶ距離と拘束時間によって基本的な料金が算出されます。
専用の便だから混載よりも高めですが、その代わりに自分の自由にできるメリットがあるのが特徴です。

冷蔵や冷凍にも対応できる?

冷蔵や冷凍にも対応しており、トラックのチャーター便は鮮度を求められる商品の輸送にも最適です。
冷凍にしたまま運搬する必要がある魚介類も扱えるだけの機材とノウハウがあるので、安心して農業による野菜や果物を任せられます。
通常のトラックでは荷台に冷蔵の機能はないため、保冷車のように特別な荷台を備えた車両を手配することも必要です。
農業の野菜においては、季節にもよりますが常温の輸送で事足りる場合もあります。
少しの衝撃や温度の変化で傷む果物や単価が高い野菜では、輸送時のロスを減らすことや品質管理のために冷蔵で運ぶケースが多いです。
長距離の輸送ですぐに届けたい状況では、即座に対応してくれるトラックのチャーター便を頼るのが一番となります。
サラリーマンの趣味としての家庭菜園からビジネスにまで発展させるには、やはり農業としての物流を考えることが大切です。
トラックのチャーター便を上手く活用すれば、冷蔵や冷凍によって自由自在にデリケートな野菜や果物も運べます。

ホームページPR
トラックチャーター便をお探しの方はこちらの会社がオススメ『アール企画 株式会社』
住所:東京都江戸川区西葛西8丁目8−16
TEL:03-5878-1601
URL:https://www.r-kikaku.net/